学校・塾・予備校のわからない部分を個人授業で!
プロ家庭教師のWELLSの指導力をお試し下さい!

Home > システム >プロ家庭教師の勧め

プロ家庭教師の勧め

プロ家庭教師をおすすめする理由は?

○都合の良い時間に勉強できる。

お子さんにだって、「今週だけは、どうしてもこの時間は勉強よりも○○を優先したい!」というときもあるでしょう。もし塾であれば欠席するしかなく、その回の授業が受けられなくなり勉強が未消化になってしまいます。未消化部分が生じてしまうと、体系的な理解に支障を来し必然的にその科目が苦手になります。その点、家庭教師であれば、連絡するだけで容易に時間変更が可能となるので未消化部分が生じる危険はありません。

○理解度に合わせて勉強できる。

イチロー選手は、首位打者をとるにふさわしい練習をしています。しかし「イチロー選手のようになりたい!」と思っている人が、イチロー選手と同じ練習をすることは有益でないだけでなく、かえって有害です。小学生であれば小学生なりの、高校生であれば高校生なりの練習をすることこそがイチロー選手になる最短コースなのです。塾はどうしても受講生の平均を基準として講義をすすめることになります。もしお子さんが平均的受講生よりも上の理解度であれば、せっかく伸びてる芽を摘むことになります。これでは最短コースを進んでいるとは言えません。プロ家庭教師であれば最短コースを正確に進むことができます。

○質問しやすい。

わからない部分を放置して勉強する事の危険性については前述しました。確かに塾でも質問はできます。しかし人間とは誰しも弱いもので「○○さんだったら、こんな初歩的な質問はしないのでは?質問したらよい子ぶってと友達に思われないだろうか?etc」と気になって質問できなることがよくあります。これは同年代の他人の目を気にするからです。プロ家庭教師であれば、1対1なので同年代の他人の目を気にすることもありません。

○より集中して勉強できる。

講義中、どうしても気乗りがせずに注意力が散漫になってしまうことは誰に出もあります。これは、「多数の受講生に紛れているので自分は当てられないだろう」という心理に主原因があります。しかし、このような状態で講義を聞き続けても未消化部分が増えるだけです。プロ家庭教師であれば、1対1なので注意力を持続した状態で、集中して勉強できます。

○子供に合わせたコースに修正し優位性を保てる

例えば都内の私立大学付属高校へ進学を希望する中学1年生の場合、この時期にスタートするには中1の補習コースですか?それとも入試を前提としたコースですか?(公立中学で2学期はオール4程度です)

入試を前提とされたコースをお勧め致します。

今年より中学2年になりますので、学校の勉強をおさえながら、受験の準備段階に入った方がよい時期と考えております。
志望校にもよりますが、難易度の高いところを受験される方はすでに受験の準備を始めております。中学2年の後半か遅くとも中学3年には全員が受験態勢に入りますので、その時点からは同じ実力の子供さんとの実力差を広げる ことが抑えられてしまいます。すでにしっかりとした進学のお考えがおありでしたら、先取りした受験準備をすることにより、優位性は必ず増すものだ考えます。

☆「偏差値30からの合格」を掲げ第一志望合格主義を貫き
受験のプロとして45年のノウハウを基に教師を派遣


TOP