11月の本格勉強

年末年始について 受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
無料体験
12月1月の最善対策
先行予約の案内
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
プロ家庭教師の薦め
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
様々な指導
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク

現在、本格的に受験勉強に取り組んでおり、 自分の限りない才能を、受験というひとつのチャンスで試してみたいと考えている貴方へ

いよいよ秋です。あなたにとっての秋は、あなたがイメージする秋は、 食欲の秋ですか、 それとも読書の秋ですか?
受験生には決まっていますよね、 それは勉強の秋です。そして秋はもう既に始まっています。勉強で 違いを出す秋なのです。待ったなしの秋ということです。

秋に因む言葉には「馬肥ゆる秋」 や「天高く馬肥ゆる」などがあります。

馬肥ゆる秋
「秋になって馬が肥えてたくましくなる。」
天高く馬肥ゆる
「秋という季節は、空が澄み渡って高く晴れ、気候が良いので食欲も増進し馬もよく肥える。」
ですからあなたも、季節同様すがすがしい気持ちで、実り多い秋を目指してもらいたいものです。

あなたにとって有意義な秋を過ごしてもらいたく、秋の過ごし方をまとめてみました。
■■ 秋を迎えている受験生のあなたに一言申し上げたい。
  一刻千金
■■ あなたの秋が実り多いものに変える為にT
  志望校の過去問対策を学習の基準に
  模擬試験を中心とした合格計画を
■■ あなたの秋が実り多いものに変える為にU
  合格計画を立て、実行するにあたって
  合格に必要な達成目標が分からない人
  教材(問題集、参考書)の選定
◆◆ 季節ごとのテーマ
  春のテーマ「良きスタート」
  夏のテーマ「情熱」
  秋のテーマ「志望校」
  冬のテーマ「総仕上」
■■ 予備校・塾で「夏にあれだけ頑張ったのに…何故?」と思っている受験生はいませんか。

「是非 、自分自身に今すぐ問いかけて下さい。」
秋からは、日本全国で受験生の猛烈なダッシュが始まります。
第一志望の合格を勝ち取る受験生の大半は、秋からの学力向上と志望校への本格的受験対策にラストスパートをかけ勢いをつけています。夏までに蓄えてきた学力を、一気に放出しダッシュをかけます。
(夏とはある意味では秋からの受験勉強に勢いをつける準備期間と言えます)

◆◆一刻千金

一刻千金(いっこくせんきん)
合格という栄光のゴールへ、黄金ロードを走る受験生にとってこれほどピッタリする言葉はありません。
受験においては気が付けばあっという間に本番の試験日が来てしまいます。 (受験生はそのように感じるようです)。
ですから、この時期を一刻も無駄にせず、合格のために邁進して下さい。
事実、年末年始の慌ただしい時期(受験生はあまり慌ただしいと考えてはいけませんが)を考えると年内(年末まで)には一通りの受験教科とその教科の出題範囲の未消化部分の一掃は 絶対命題となります。

すべての受験教科の学習ベースが完成し、「自分が合格出来ているイメージ」は湧いてきますか?
自分の合格イメージが湧かない人は「なぜそうなのか?」考える必要があります。

特に大学受験の場合(実際の試験ではライバルとなるのですから)、高卒生・浪人生は、9月以降急激に成績を伸ばしてくる現役生に対しリードしておく必要があります。
現役生には試験前日まで伸び続ける生徒もいるからです。
(現役生も頑張っている人は更に頑張っています)

最後の最後まで全力を出し切ること。
「合格」という目標に向けて、残りの期間「何をどうすべきか?」が決まっている受験生と
「どうしたらいいのか未だに分からない生徒」の「差」によって、この時期から間違いなく急激に差が出てくるものです。なんとしても「合格」に執着することが必要です。

 

秋からどのように学習を進めればいいかを念のため整理してみましょう。

◆◆志望校の過去問対策を学習の基準に

秋にはそろそろ志望校の過去問対策をお勧めをします。
それを指針に、「合格点をとるにはどうしたらいいのか」を考えながら勉強するようにして下さい。

闇雲に過去問を解くだけではあまり効果があるとは言えません。具体的に何をやればいいのか分らないかもしれません。そこで過去問の傾向分析をし、その傾向に沿って優先順位をつけながら 一つひとつクリアしていく。
そうすることによって、まだ焦点が合っていないことも時間をおくと、徐々に具体的にはっきりと見えてくるものです。

例えば、「ある志望校では、ある単元が頻出しているが、自分はまだその単元が苦手だ」とか「実際の過去問には難しい問題が出ているので、本番までになんとか総合して(合格点)7割はとれるようにしておきたい」などの具体的な設定が出来るようにな ります。合格の近道の1つは過去問を研究し、自分にカスタマイズした対策が大切なのです。

◆◆模擬試験を中心とした合格計画を

秋は模試が目白押しです。
勉強にメリハリをつける為にも、模試を中心として合格の計画を練るようにして下さい。

例えば、毎月1回模試を受けるとして、「10月の模試前までには『英語総合問題演習』を終わらせる」「12月の模試までに『英作文演習』を終わらせる」といった感じで、模試を小さな目標にして勉強の計画を作っていくと 弾みがつくことでしょう。

 


受験生であるあなたの合格計画を参考の為(念には念の為)もう一度再点検してみましょう。

◆◆合格計画を立て、実行するにあたって

最初に計画を立てるにあたって、「一日に何時間勉強する」という時間だけの計画は良くありません。それよりも「次はこれをクリアする」という「一つひとつ達成していく 」事柄の計画を立てて下さい。
合格に必要な達成目標(現在分かっているものでよいのです)をノートに一つひとつ書き出し、月単位で目標を定め、これを達成出来るように週単位、日単位の目標を具体的に設定していくのです。 それが学習習慣となり受験体制を確かなものとしてくれます。(合格に必要な達成目標がまったく分からない場合は後述します)

なによりも肝心なのは、不相応な計画、過度な計画、達成不可能と自分で思える計画は計画倒れに終わる確率はほぼ100%で間違いありません 。(自分でも分かっているのですから)
無意味なダメ計画であると認識理解した上で無理のない適切妥当な計画を立案することです。これが大切です。
但し、無理のないことに重点を置くことで、結果として楽で軽い計画、負担の少ない達成目標では合格することが出来ないことは言うまでもありません。 あくまでも妥当性、適切性が大切です。
立案した計画を月、週、日単位の目標で、それを一つひとつクリアしていくことで着実な前進が期待できます。

そして、計画の軌道修正は決して恐れないで下さい。
計画の軌道修正は勇気をもって自分に正直に行うことが肝心です。軌道修正のない計画はありえないと言っても過言ではありません。既定路線のことのように安心して軌道修正を して、再前進をして下さい。

軌道修正の方法としては、日単位で目標が達成出来ない場合、週単位でなんとか達成する。週単位で目標が達成出来ない場合、月単位でなんとか達成することを心がけ、極力計画に忠実であるように心がけて下さい。
自分に甘えず、自分に正直であるように計画の未消化(借金)をなるべく作らないで下さい。計画の未消化が続き重なっていくと、徐々に合格への意欲が薄らいで行きます。最悪の場合は挫折してしまいますので注意が必要です。( 未消化が平気になってしまう借金癖にならないで下さい)

逆に計画通りに推移した場合、あなたの意識の持ち方が必ずプラスに変化しますので、プラスに作用すれば自ずと学力は上がり、更さらなるプラスにへと、好循環サイクルが生まれます。これこそが勝者の皆が経験していることです。
ある意味ではこの好循環がなければ合格出来ないと言っても過言ではないということです。
ですから、是非、軌道修正しながらでも計画を実行して下さい。これこそがあなたにとって非常に大事なことであり、あなたにとってなによりもの恩恵をもたらす絶対必要なものです から。


合格に必要な達成目標が分からない人

「合格に必要な達成目標が分からない」ということは致命的です。
致命的という言葉を聞くと「では受験をもうあきらめる」と短絡的に思う人もいるかもしれません。非常に悲観的になり、何もかもが嫌になる人もいるかと思います。
でも早まってはいけません。そのような人は少なくともあなただけではないです。
実はウェルズに相談いただく受験生で、同じケースの割合はあなたがびっくりするほど多いのが実情なのです。

そして、適切妥当に軌道修正をすることで、少なくともこのような受験生が、結果として合格という栄冠を勝ち取った多くの実例があることも事実なのです。

ですから、このような人は受験をあきらめなければいけないかというと、そうではありません。多くの受験生が多かれ少なかれ、何が必要か、何が優先順位が高いかを分かっていないのです。分かっていないから受からない 結果となるのです。

ですから、 プロ家庭教師と共に受験に臨み、合格という栄冠を勝ち取った多くの受験生対してウェルズのプロ家庭教師がまず第一にしてきたことは、各受験生に合格には何が必要かを明確 かつ具体的に認識してもらっております。これがウェルズのプロ家庭教師の大事な仕事の一部分となっております。

◆◆教材(問題集、参考書)の選定

たくさんの参考書、問題集を取り揃えて、手当たり次第にやってばかりいるやり方では、気が付けばどれも中途半端 になってしまい、一つの決着も出せない状況になっていることがあります。これでは学力のバランスがとれません。本当の合格力が身に付きません。

教科ごとにこれだというものを最低2〜3冊を決めて、徹底的に繰り返し学習がとても大切で効果があります。
1冊仕上げることは最初から最後までやり通すこと。これを一回転と言います。その一回転を繰り返し、1冊当たり少なくとも2回転〜3回転、できたら5回転させてこそ、確実に自分のもの となります。

それ以降の参考書、問題集が必要となる段階がきたら、今までの繰り返しの回転学習が学力の基礎となっていますので、進捗の速さや理解の深さ、応用力の実感に気づくかと思います。

このときには合格への道筋が見えてきているはずです。不安ながらも勉強の弾みがつく時です。試験本番前日まで学力が向上していきます。回転学習で身に付けた学力の成果なのです。

 

春のテーマ は「良きスタート」(できるだけ早い時期に)

麗らかな季節同様、気持ちを麗らかに持ち、焦せらないでのびのびとオリンピックのマラソンランナーのように受験に良いスタートを切ってください。良き生活のリズムの中で、良き学習習慣を身につけてください。

受験勉強において、1つの教科に集中し過ぎると時間が足りなくなってしまいます。どの教科も一度でマスタ−出来るようなものではありませんし、他教科の知識があってこそ初めて理解出来るという単元も 沢山あります。

特定の教科だけを掘り下げるのは効率が悪い典型です。
偏らず満遍なくが良いのです。特に大学受験の場合で受験教科の多い国公立を目指す人は、夏までに一通りの教科に目を通してお く必要があります。学習量は変わりありませんが、夏、秋からが精神的に楽になります。少なくとも夏休みまでには高校1、2年の範囲までの総復習は終了していいるようにして下さい。
国公立大学を受験するポイントです。

夏のテーマ は「学ぶ情熱」

夏期には、 季節同様、情熱もって飛躍してください。
「夏も入試の天王山」という受験関係者は多くおります。
それだけに夏の学習は受験生にとって大きな意味を持つのです。

春から勉強に取り組んだけれど、なかなか成果がでない。勉強法が確立しない、学習ペースが乗れない……

そんな人にとって、夏は最大のチャンスです。
夏休みは100%受験勉強の為に使える時間です。予備校・塾の夏期講習を受講しながら基礎固めを仕上げ、秋からの実戦演習に備えましょう。
もちろん夏バテしないように適度な休みも忘れずに!夏の勝利は受験の勝利の近道です。

秋のテーマは「志望校を決め、近づくこと」

秋は力をつける最後のチャンス。
志望校のレベルに合わせてより学習しましょう。
過去問を徹底研究し、志望校合格を具体的にイメージできるようにしましょう。
大学受験生の場合、センター試験だけの教科は、早めに過去問対策の取り組みが必要です。2次試験の教科においてはセンター試験対策は2次試験対策と一緒に取り組む方がよいでしょう。

秋を充実させ、そして冬の総仕上げにつなげるよう頑張って下さい。

冬のテーマは「総仕上げと確認のくりかえし」

冬には、もちろんいいまで培ってきたものの総仕上げです。 今まで勉強してきたことの確認、確認の繰り返しです。すでに通ってきたレールを確認勉強は知識を確かにしてくれます。心を落ち着かせてくれもします。図らずも抜けてしまった知識の最終確認もできます。

最後まで、合格出来るというイメージとともに、合格したその後というイメージもぜひ自分のものとして臨んでください。
特に大学受験生の場合、まずはセンター試験の突破を目標とし、センター終了後は2次・私大の過去問とこれまでの模試等の復習を繰り返しましょう。

 


夏には遊びも楽しみも我慢をして、予備校・塾で朝から夏の暑さに耐え、夜まで受験勉強に頑張った。
「あれだけやったのだから」と学力の違いが出ることを期待し、志望校の過去問を解いてみると、意外や意外。苦戦することがあります!?その出来の悪さに愕然しているとする受験生は おりませんか?意外にもこのような受験生は多いのです。

受験生に一言申し上げます。
「なんで?どうして?」と考え込むとか投げやりにならずに、是非一度、次のことを考えてみて下さい。

今までの受験勉強は、予備校・塾の成績を上げることを主眼とした勉強であったと気がつきませんか?
もちろん、予備校・塾内のテスト等の成績でクラスが決まったり、講座のコースが決まったり、ある時期までは予備校・塾の成績に神経質になるのも致し方がない面もあることも分かります。
でももう秋になったのだから、これからは予備校内での相対的成績や学力ではなく、「志望校に如何に合格するか」を考え、学習体制や勉強内容を切り替える段階になっていることを認識しなければなりません。 全体としての「大学」を受けるのではなく、ある特定の○○大学を受け合格することが目的なのですから、その対策こそが自分の受験の本筋であるとのことであります。

ありがとうございました。

(了)

 

無料体験 ] 12月1月の最善対策 ] 先行予約の案内 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2017/12/14