中高一貫校 専門指導

受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
元のページへ
無料体験
10月の本格勉強
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
プロ家庭教師の薦め
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク


中高一貫校(ちゅうこういっかんこう)とは、中学校(前期中等教育)と高等学校(後期中等教育)を統合し、 双方の課程を調整し、無駄をはぶいて一貫性を持たせた体系的な教育を行なっている学校を中高一貫校(ちゅうこういっかんこう)といいます。 最近はとみに人気を増しております。

では、なぜ中高一貫校は人気があるのでしょうか?

その訳は、現行の教育課程における中学校の学習内容を3割削減されたことによる学力の低下の影響が高校授業に及んで いることに学校関係者、生徒、保護者が危機感を持っていることの表れである といえます。

一方上位の大学合格基準のレベルは依然下がっていない状況を考えると、高校入学時の学力が(以前の教育課程と比べて)低下したことを補い、上位の大学を目指す高校生への指導は当然きわめて厳しくなります。

その点一貫校は、高校入試がなく、6ヵ年一貫した特色ある教育を行うことが でき、中高の学習内容を分断することなく、教育課程に一貫性を持たせながら、授業時間も効果的に運用することが可能です。

近年「中等教育学校」(公立の中高一貫校)は、高校の内容を中学でも一部指導できるようになりました。6年間を見越した教育課程が可能であれば、大学受験対応のみでなく、これまでの中高校では行えなかったさまざまな 新しい試みが可能になります。

個性を伸ばす教育の実現もまた可能で、中高一貫校は今後増加するだけでなく、教育内容等において、「英語教育」「情報教育」「思考力の育成」「理数教育」などますます特色化、多様化し、今後も人気は衰えないものと考えられます。

そんな人気のある中高一貫校ですが、ではなぜ専門の中高一貫校対策が必要なのでしょうか

人気のある中高一貫校ですが、水面下では、ついて行けない在校生も増えているのは紛れもない事実のようです。

中高一貫校は各学校で独自のカリキュラムを組み、教科書よりはプリント・参考書・問題集を多用し、授業進度が早く、かつ難度も高く、教科の先生方によっては特殊な内容で指導する場合もあるようです。中高一貫校生にとっては負担が重く、不十分な理解のまま進む ことが多くなり、その結果として一部の生徒は成績が下がり、学校外で不足分を補う必要に 迫られることになります。

しかし一般的な塾で補う場合、学校の授業の特殊性からか、一般的な公立の学校のフォロー中心の塾との併用では却って学校と塾の狭間で苦悩する生徒も多く、自信がなくなり、更に意欲も落ちてしまう場合があるようです。

ですから専門の中高一貫校対策として、生徒の状況分析、志望レベル・授業レベル等を鑑みて対応することが必要であるのです。


 

無料体験 ] 10月の本格勉強 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2017/09/29