6月の成功活用

受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
無料体験
今からの夏の特訓
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
プロ家庭教師の薦め
模擬試験の活用
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
様々な指導
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク

単刀直入に提案します!6月で勉強をギアアップ

受験勉強を続ける人、続けなければならない人はもとよりですが、受験が終わりこの春から新しい学校生活を迎えられる人にもお読み いただきたいと思います。そんな話今は聞きたくない、あるいは夏ぐらいまでは聞きたくないと、特に当事者(受験これからの人、受験これまでの人)にとっては チョット耳の痛い話かもしれません。

「先行逃げ切り作戦」のすすめ

(長い受験が終わり、新しい学校生活をスタートしようとしている人がお読み下さい。)

新入 の生徒によってこの6月は、受験後の2ヶ月、あるいは3ヶ月以上の勉強習慣のブランクを開けてしまっている人も 多いのではないでしょうか。この時期は入学式、オリエンテーション、お花見、ゴールデンウィークなど楽しい予定が続くので、勉強の話は 「まだ考えなくてもよい」と感じられているかもしれません。ついこの間まで勉強で大変でしたから無理もないことではあります。気分や、気持ちがまだ冴えずにいるといいうことも あるのかも知れませんが、少しだけ我慢して読んでいただく価値があるはずです。

この春の受験が終わり「ホッ」としている人たちも多いのですが、新スタートを切った人の中には、後々の受験の勝ち組を目指して今でも勉強を継続し、 「ホッ」としてしまって勉強していない人との差を確実に広げているライバルが、あなたの周囲には必ずいるということはご存知でしょうか?

このような人は、せっかく受験期間に身に着けた勉強の習慣やモチベーションを落さないよう、勉強を続けております。勉強が休止状態の人との差を広げるだけでなく、近い将来に誰にも訪れる次のステップに向けてのスタートをすでに切っていると考えても間違いではありません。

多々、利点が多いのです。気持ちの余裕ばかりではありません。得意教科は得意なままで、不得意教科は早めの処置が取れますので、次のステップの際には一方上の志望も可能ですし、選択肢も多いのです。

ですからこの事実を知ってほしい。すぐに勉強を始めてもらいたいのです。

現実問題として、進度の早い学校ではテストがすぐにも始まります。新しい学校の先生の意識も「もう始まっている」という意識・モードに切り替わっています。 だから

「今すぐ始めて下さい」一点のみの提案です。

勉強のスタートはハイペースでなくてもかまいません。お願いしたいもっとも重要な点とは?

それは今すぐ始めることです。(昔から思い立ったら吉日というではないですか!)

これをお読みの親御さんであれば自分の受験、合格時の経験を思い出して下さい。

  • 高校に合格した時、大学に合格した時、中学に合格した時、合格後 すぐに勉強をしましたか?
  • 合格後すぐの学力はどうなっていたか覚えていますか?
  • 合格後の約2ヶ月の空白期間の直後に、再度同じ入学試験を受けても合格できると思えましたか?

よく考えて下さい。「NO」という答えの方も多いのではないでしょうか?

学力は着実にしか伸びず、低下は思っている以上に早いものです。
築くには難く、壊すには容易いのです。
学力を示すメータがもし存在し ていたら、そのメータが示す数値は日々どんどん下がっていくが解るはずです。現実にそのメータを見ることが出来たら、愕然としていたかもしれません。

だからこそ今すぐにでも勉強を始めることをおすすめしているのです。

家庭教師のメリットライバルはまだ油断している。
ライバルは夏から頑張ろうと思っている。
家庭教師のメリットこの時期にまだ勉強していないライバル が多い。
現時点の実力でライバルに負けていたとしても差を縮められる。
ライバルに勝っている場合なら、ぶっちぎりに差をつけられる。
家庭教師のメリット早く始めていることによる心理的余裕。
夏前にはプラス効果→やる気にも良い影響が出る。
家庭教師のメリット受験勉強の学力の貯金がまだある為、そうでない人と比べると必然的・相対的・圧倒的な効率で差が出る 、差が縮まる。

だから・・・・
新しい学校、新しい環境でさわやかデビューができる!!

◆受験勉強をすでに始めている人へ

入試の天王山は夏であると相場が決まっていましたし、今でも受験生、保護者、塾予備校関係者も大部分の人がそのように捉えてい ることでしょう。しかしウェルズは声を大にして申し上げます。

入試の天王山は夏ではなく、ズバリ春です。

このことを毎年痛切に感じております。もちろん夏も大切です し、受験にとって大切でない時はありません。受験とは入試本番までノンストップが本筋ですから。

しかし私どもは次のことを毎年見ているのです。それは、第一志望校合格という栄冠を勝ち取った受験生は、必ずといってもよいほど、春から良いスタートを切っているということ。 皆さん春を大事にしているのです。決してムダにはしておりません!

ですから今からのスタートを勧めています。今がチャンスなのです。

浪人生の場合、受験後をのんびりと過ごし、来月から頑張ろうと思う人が多いです。現役生よりも危機感が少ないように見て取れます。後のない浪人生なのですから、「来月から」ではすまないのですが、実態はこの時期にスタート できない場合が多いのです。信じられますか?

勉強プランクを空けてしまうと、受験に失敗という現実に接した、ほんの1、2ヶ月前の時とは打って変わり、頭が切り替わってしまいます。勉強への意識、熱意は恐ろしいほど下がって しまいます。

お湯と水との例えで説明すると、進学への意識がピークを迎えるのは受験時点が「沸点」に達している時です。しかし1日置くだけでその湯の温度はどんどん下がり、時間が経つにつれ 、ただの平温の水になってしまいます。この水は再度熱を与えなければ温度の上昇はありません。この時の水は沸き難く、冷め易い状態です。

これと同様に、特に大学受験生などで見受けられることですが、このプランクにより数ヶ月間はまったく冷めた水のような状態のまま になってしまい、なかなか温かくならない受験生が多いのが実態であります。

だからこそ今始めることが大切なのです。今始めるべきです。

何度も言いますが、まずは始めること肝要です。

わずかでも毎日勉強を続けていれば、熱の冷め方は間違いなく違います。まして、熱が冷めていなければお湯になるまでの時間が それだけ短いことは、誰にでも理解 いただける理屈です。ぬるま湯でも冷めていないからこそ、勉強に対する意識、熱意を再沸騰させることは、冷めてしまった水の状態からと比べても容易いことで、受験生にと っても楽な事のはずです。気持ちを水にしてはいけません。

今から良いスタートを切りたい、切らせたいと思うのでしたらウォーミングアップの期間が必要ではないでしょうか? (マラソンでもスタートがいいと有利です。そしてできたらロケットスタートならなおさら良いですよね)

今から受験勉強を本格化させるにはそれには今すぐ始めることがなによりも肝心であることはもうお分かりいただけましたね。

6月にロケットスタート作戦!!

家庭教師のメリットライバルが少ない。
この時期ライバルが少ないというよりほとんどいない。
ライバルは冬眠中(春眠中?)だから。
家庭教師のメリットライバルは油断している。
そして、今ライバルは夏から頑張ろうと思っている。
家庭教師のメリットこの時期にライバルは勉強していない。
実力でライバルに負けていても差は縮まる。
ライバルに勝っている場合なら、さらなる差をつけられる。
家庭教師のメリット人よりより多く時間が稼げる。
この3ヶ月という期間がいかに大きいかが本番の時に必ず分かります。
家庭教師のメリット早く始めていることによる心理的余裕。
夏以降にプラス効果→やる気にも影響が出る。
家庭教師のメリット受験勉強 の終了時点での学力の貯金がまだあるため(このままだと急降下の可能性大です)、そうでない人と比べると必然的、相対的、圧倒的な効率で差が出る、差が縮まる。

「どうしたらいいの?」と思っている人へ

今が肝心であるのは分かった人、「そうなんだよな」と再認識した人、「そんなの当たり前」ともともと気が付いていた人、それぞれ でしょう。「分かってはいるけど」、「分かったけど」、ではどうしたらいいのと思う人は多いかもしれません。気付いている人でもやらないのです。やらないと いうよりは、できないということが正しいのかもしれません。

なんでやらないのでしょうか?

答えの一部は受験生の心理にある!

分かりやすく、「受験これまでの人」と「受験これからの人」に分けて見ます。

【受験これまでの人は】

せっかく受験が終わったんだから 、もう勉強なんかしたくはない。これが本音です。

仮に勉強をするとしても何をしたらよいか分からない。

塾、予備校もなく、学校が始まっていないので何をやってよいか分からない。


【受験これからの人の場合は 】(現役生・浪人生)

これから苦しい生活が始まるから、まだのんびりしたい。

塾・予備校が本格的に始まらないとどうしたらよいか分からない。
 (浪人生であればこれが敗因ということなのですが)

本人はあまり苦しくない。本人がそう思っているだけ。苦しいのは親御さんであるとの事実には本人は気が付いていない。

塾、予備校が本格的に始まってもどうしたら良いか良く分からない人もおります。(特に2浪以上の浪人生に多いようです。だから2浪以上になってしまったの です。)

受験生にとって「これから頑張る」という言葉は、

「これから頑張るまでにはある程度の期間があり、それまではのんびりさせてくれ」という意味です。

そのように考えている受験生は間違っています。

なぜなら、これから頑張れる人は、今からでも頑張るはずだからです。これから頑張れる人は、今も気を抜かず勉強 できるはずです。ですから今の受験生は昔の浪人生とはだいぶ気質が違います。

つまり勉強をやらない理由は(一般論ではありますが)

  1. やる気がなく、希薄である。
  2. 危機感がなく、まだ時間がたっぷりあると思っているから?
  3. マニュアル世代だから(?)何をしたらよいか分からない。
  4. 恵まれた世代だから(?)何が大事なのか分からない。
  5. まだ若いから(?)時間の貴重さが分からない。
  6. ましてやハングリー精神もない。(今や死語になりつつある)

ですからやる気を出す為には

  1. 今の受験生がいまから始めることの有用性を良く理解し
  2. 過度な計画を立てず
    (過度な内容だと負担になり、かえってやらない可能性がある)
  3. 合格に必要な内容を具体的に理解し
    (マニュアル世代だから)
  4. 生活の良きリズムを作ることを心がけ
  5. 人がやっていない時が最大のチャンスであると自覚する

受験生が頭と体で充分理解すること。理解させることがやる気を出す為に一番必要なことではないでしょうか。つまり、理解することが受験生に一番説得力のあることだと思います。

この事実を理解したとしても、結局はもやらなければ同じです。むしろここまで読んだ上となっては、かえって損したことになってしまいます。読まなければ、また気付かなければよかったと思われるかもしれません。 しかし、来た道は引き返せません。突き進むしかありません。ですから、いまから良きスタートを切って下さい。自分のためにやる気を出して頑張って下さい!!

 

「でもどうしたらいいの?」 それはズバリ!ウェルズにお任せ下さい。

ウェルズの プロ家庭教師で心機一転、新しい学年、新しい学校生活の良きスタートをおすすめします。あなたにとって今年を よい年にして下さい!

プロ家庭教師なら、今のあなたが必要と感じていることだけでなく、今のあなたが必要だと気づいておらず、なによりも必要なことを提案し、実際の勉強に生か すことができます。

問題が解らないときに、解らないところを上手く伝えられず、もどかしいくらい一刻も早く教えてもらいたい状況の時、プロ家庭教師に 解りやすく教えてもらったら、 さぞやる気につながるかと思います。解らなくなるところは人により千差万別だから、完全マンツーマンのプロ家庭教師の良さがわかっていただけます。

プロ家庭教師なら手を差し伸べ解消でき、合格への道を歩んでいけるということです。

【ウェルズの プロ家庭教師は、こんな人におすすめ 】

今すぐ弱点単元を克服し、苦手意識を払拭した上で、受験の天王山の夏(*)を万全の体制で迎え、秋には志望校対策に弾みをつけたい。
 

是非、今年こそは、定期テスト対策を早く開始し、1学期はワンランクアップの成績を確実なものしたい。
 

是非、来年の受験に向けて、志望校合格をより確実にするための合格プランをこの春から実行したい。(合格ブランがない人は合格プラン作成から始めたい)

ウェルズのプロ家庭教師で心機一転、新しい学年、学校生活の良きスタートを切ることをおすすめします。

 

無料体験 ] 今からの夏の特訓 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 模擬試験の活用 ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2020/06/18