予備校なしで合格作戦

受付時間について ウェルズに質問? 問い合わせ 個人情報に関して 企業概要 サイトマップ

 

HOME
元のページへ
無料体験
9月からの本格勉強
指導実例
相談例
体験談
各地のプロ教師
案内
特長やシステム
料金・費用(ケース別)
様々な指導
Q&A
トラブル防止
コラム
教師登録
厳選リンク

高校生・高卒生の方々へ

志望校合格という栄冠を勝ち取るためにあなたはどのような方法をとられてきたのでしょうか?
また、とられるつもりでしょうか?
  • 予備校・塾に通って受験勉強
  • 自宅で自己流の受験勉強
  • 通信教育で受験勉強

・・・・・・など様々あると思いますが、 なんといっても現役高校生・高卒生の大部分の人は予備校で受験勉強をする方、された方が多いと思います。
 そこで予備校で受験勉強をされてきた、またはするつもりの方に1つ質問をさせて下さい。
「予備校のテキストを使用し授業についていくので精一杯ではないですか?」

そんなの自信のないあなた、ちょっと不安なあなただけ、特にこの続きを読んで下さい。

現在までに多数の大学受験生がウェルズで大学合格を勝ち取って来ました。

最初は半信半疑だった受験生も本当に成績がアップしはじめたとき・・・・
「学問に王道はない!」と
これは世間の常識です。
しかし合格への道はいろいろとあります。
合格の仕方もいろいろあります。
予備校へ行くのもいいでしょう。
自宅で勉強するのもいいでしょう。
通信教育で勉強するのもいいでしょう。
でもプロ家庭教師と共に勉強するのもいい方法ではないでしょうか。

 

ウェルズのプロ家庭教師の指導目的は、ズバリ、合格することです。

こう言ってしまえば、身もふたもありませんが、正直、それ以外の目的はないと思います。
合格に至るまでの過程は受験生によって様々です。
特にいろいろな悩み、不安、恐怖心を持った受験生も意外と多いのが現状だと思います。
そんな受験生の力強い味方、相談相手、合格のパートナーがプロ家庭教師なのです。
また、ウェルズではあえて月謝制にこだわり、いつでも中止できるシステムをとっているのにもかかわらず、ほとんどの受験生は最後まで続けられております。
むしろ大学受験が近づいてくるとプロ家庭教師の指導が勉強の中心になり、合格への道を切り開いている受験生の方が多いのです。

ウェルズでプロ家庭教師の指導を受けている受験生は?

  • 大学へ行きたい高校生
    (全日制・定時制・普通科・職業科・単位制・通信制)
  • 大学へ行きたい高卒生
  • 大学へ行きたい専門学校生
  • 大学へ行きたい社会人
  • 高卒認定【高認】(高等学校卒業程度認定試験:旧大検)を取ってから大学へ行きたい受験生
  • 大学へ行きたい地方出身の受験生
  • 大学へ行きたい主婦の方
  • 他の大学へ行きたい大学生

など様々な受験生がプロ家庭教師の指導を受けています。

プロ家庭教師にピッタリは!

また以下のようなご希望の大学受験生にはプロ家庭教師はピッタリですし、ケースによってはプロ家庭教師でしか対応できない場合もあります。
  • 受験教科のすべてを学びたい人
  • 英語も国語もだめだと言う人
  • 小論文だけで合格したい人
  • まず苦手な教科から学びたい人
  • まずは得意な教科から学びたい人
  • あまり時間のない人
  • どうしたら大学に合格できるのかわからない人
  • せっかく勉強計画を立てたが上手く進められない人
 

ウェルズではプロ教師が大学受験生を力強く担当します。

予備校との単純な比較では、案内書の豪華さでは完敗ですが、指導の質・指導の内容では負けません。
しかも、一人で指導する生徒の人数が少なければ少ないほど効率と内容が良いのは明らかです。
それが1対1ならば最高の指導効果が上がることは、ご理解頂けることと思います。

どこまでが理解点で、どこまでが疑問点なのかをよく知ることができますので、完全に自分にあった指導ができるわけです。ほとんどの予備校では通常、講師を選ぶことは出来ない場合が多いようです。(単科で選択するなどしなければ出来ない場合が多い)
また、途中で講師を替えてもらうことも出来ないようです。

講師の授業があなたにあわない場合の効果的な対策は

  • そのまま我慢して受講する
  • その講師の授業をまったく受講しない
  • 別な授業を予備校に頼んで変更してもらう
などが考えられます。思い当たる節がありませんか?
ウェルズではプロ家庭教師をあなたが選ぶことが出来ます。途中での交替も出来ます。

ウェルズのプロ家庭教師

ウェルズの在籍教師は首都圏の各種予備校(大手・全寮制・医歯薬系・現役など)、進学塾の現役講師・元講師をはじめ実績・経験とも豊富なプロ家庭教師が在籍しており、しかも受験生の要望によりウェルズがベストな教師を選定し、教師とお会い頂いた上で決めていただけます。
(一部ご希望の条件などによっては手配に時間が掛かる場合があります) 

プロ家庭教師の合格の秘訣

それは受験生の家庭学習へのフォローの違いです。
どのように勉強していいかわからない
やる気はあるのに方法がわからないので困っている
予備校の授業についていけない
は毎年多数ウェルズに寄せられる大部分の受験生に共通する悩みですので安心してください。

予備校ではこれらのような悩みを持った受験生に対しては個々には指導が及ばない場合が多いようです。ウェルズでは、これらの予備校に通う受験生をフォローアップすることにより、大学への合格を導いてきました。
その分予備校で対策しているよりも合格がより近くなることはご理解頂きやすいことと思います。
ましてや、独学の場合は言うまでもありません。
また、もともと成績の良い受験生でも、ウェルズの教師によるフォローアップを受けて効率の良い学習をすることで、さらに学力が向上するばかりでなく、勉強のスピードが増しますので、(ウェルズでは、相乗フォローアップと呼びます)、より高い志望大学への合格を獲得することもウェルズでは良くあることです。

これらのことだけでも「ウェルズ」にご期待頂けることと思います。

ウェルズには永年の誇れる合格実績がございます。

是非、具体的な志望大学の合格実績、合格までの経緯などをウェルズにお気軽にお問い合わせ下さい。
(ウェルズでは、家庭教師=プライバシー=プライバシーを守る、という観点から配慮して、予備校にあるような合格実績を紙面等で発表することは避けております)
是非、合格実績をお問い合わせ下さい!

地方出身の受験生・女子受験生も安心

地方出身の受験生も安心してお任せ下さい。
地方の方・特に女子受験生もご安心頂ける下宿・アパート探しをサポート致します。受験生のアパート・下宿にプロ家庭教師が直接赴いて指導致しますし、専任の当センターの担当員とで生活面から・精神的な部分までもアドバイスさせて頂きますので安心です。
また、毎月プロ家庭教師の詳細な指導内容を報告する月間指導報告書も提出致します。
女子受験生の指導も多数手がけておりますので安心してお任せ下さい。
月間指導報告書で毎月の指導内容・指導進度・学力の詳細を報告

定期的な模擬テストで学力の確認

指導の成果を確認する意味で、各模擬テスト(代ゼミ、河合、駿台の模擬テストがいいと思います)を受けて頂きたいと思います。
その結果を受けての志望校の選定、選定され志望校の徹底的な過去問の分析とその対策までを、受験生一人ひとりの受験校一校一校に対応し受験での違いを出します。
これはプロ家庭教師だからこそ出来ることだと考えております。
また指導のメインをウェルズが担当し、サブの部分を(プロ家庭教師の指導の基に)予備校の単科を取って、併用して成果を上げる方法も効果をあげております。

予備校のフォローアップ・駆け込みの短期集中特訓

ウェルズは予備校のフォローアップ・駆け込みの短期集中特訓でも結果を残しております。しかし出来れば予備校と同様に「春からの指導をまかせて頂ければ」ウェルズの真価は特に発揮されます。
そしてプロ家庭教師だけでの指導でも合格実績は多数あります。自信をもってお勧めできます。
ですから予備校入学を考える前にも是非相談頂きたいのです。
さらに他にも費用のメリットがあります。

なぜ当センターが知る限りたいていの予備校はどこでも
一括前払いなのでしょうか?
なぜ月謝制の予備校はないのでしょうか?

費用について

費用において、ウェルズのプロ教師の指導と比較的リーズナブルな大手予備校とを比較しても、夏期・冬期・入試直前講習などを含めて考えると、予備校が有利とは限りません。

しかも高卒生に限って言えば、ウェルズに問い合わせ頂く予備校生の多くが予備校には欠席気味か一部しか受講していなく、特に夏期以降は行かないケースが多いようです。
仮に夏期以降行かない分も含めて考えると予備校の場合1年分の一括前払いですからかなり無駄になる部分があるのではないでしょうか。

「なぜ予備校は一括払いなのでしょうか?」
「なぜ月謝制の予備校はないのでしょうか?」

ウェルズは1ヶ月単位の月謝制ですから、無駄になることはありません。
さらに少人数制・全寮制の予備校との比較では、これらの予備校の学費が非常に高額になる場合が多いので比較するまでもないようです。

予備校とウェルズの費用比較

予備校の場合、年間の実質的な授業月数は、
4月中旬から7月中旬の約3ヶ月と9月初旬から12月中旬の約3ヶ月半と1月上旬から2月上旬の約1ヶ月の約8ヶ月前後が合計の授業月数となる場合が多く、夏期講習・冬期講習・入試直前講習は別費用となる場合が多いため、仮に予備校の年額を授業月数の合計8ヶ月として、ウェルズの教授料と単純にご比較頂くために下記に計算をしてみました。(ウェルズの教授料医師薬系理系・文系を参考にしてください)

医師薬系・理系・文系等の中で比較的低額な文系の教授料と比較してみます。

  • ウェルズ選任プロ 週2回コースとして
     \95,000×8ヶ月=76万円 入会金\25,000    =78万5千円
  • ウェルズ専任プロ 週2回コースとして(推奨コース)
     \110,000×8ヶ月=88万円 入会金\25,000    =90万5千円
  • 大手A予備校代々木校(完納)の場合 大受験科 午前部
    \575,000〜\625,000 入会金\100,000    =67,5万円〜72,5万円
  • 大手B予備校駒場校の場合 私大総合文系英語強化クラス
    \585,000 入会金\100,000                  =68万5千円
  • 大手C予備校の場合 私大文系総合コース
    \575,000 入会金\100,000                  =67万5千円
  • D予備校東京校の場合 文系学部受験科 無試験入学
    \1,140,000 入会金\20,000                 =132万円

(参考 旺文社全国予備校ガイドブックより)

もし、あなたの選んだ予備校の授業が、あなたにとって合わないものだとしたらどうしますか?
しかも授業料を一括払いした後だったらどうしますか?

最後にほんとうに予備校だけでいいのですか?

  • 予備校の広告の合格体験記を読まれたことはありますか。
  • その体験記であなたの出身高校はありますか。
  • またあなたは高校時代の成績が良かったですか。
ほとんどの予備校の合格体験記では、合格者は大学進学実績の高い、いわゆる有名進学高校出身生徒が多いのは客観的な事実のようです。
各予備校の合格実績を支える一つの要素が、この部分にあります。

一例としてある1000名以上の生徒数を誇る大手有名全寮制予備校の過去の新聞紙上の全面広告を見ると、45名の有名大学の合格体験記が「驚異の合格」として掲載されていました。
大半が有名進学高校出身で占められており、さらに広告の中で60名の奨学生(成績優秀な受験生は授業料免除の上、年間100万円以上を別途支給するとのこと)を募集している旨が書かれていましたが、まさしく「驚異の合格」の 主要部分はこれらの受験生が支えているのではないでしょうか。

また別な予備校の例では、その授業にまったくついていけないので、一時は受験をあきらめかけた受験生(会員)が、ウェルズのみの指導(以後本人の考えで予備校には通いませんでした) で志望の大学へ合格し、その受験は無事に終わったのですが、その後その受験生(会員)からの連絡で、その予備校の合格者名簿(広告)にまさにその受験生(会員)の名前が載っていることがわかりました。

もちろん予備校が全てだめだと言っているのではありません。誤解のないようお願いいたします。予備校の授業・教材等があなたの現在の学力・学習ペースに各教科の内容があっているのであればプロ家庭教師の手伝いは必要ないと思えます。今現在はプロ家庭教師の指導にご縁がなかったものと思います。ですが、万が一あなたがご縁を感じた場合には、いつでもウェルズではプロ家庭教師の指導をご希望いただければ、全力をつくしてプロ家庭教師の手配をさせていただきます。しかしご希望の条件(指導教科・希望時期・地域など)によってはプロ家庭教師の手配をお受けすることが出来ない場合もありますので、なるべくお早めにウェルズにお問い合わせいただければ幸いです。 

 

無料体験 ] 9月からの本格勉強 ] 指導実例 ] 相談例 ] 体験談 ] 各地のプロ教師 ] プロ家庭教師の薦め ] 案内 ] 特長やシステム ] 料金・費用(ケース別) ] 様々な指導 ] Q&A ] トラブル防止 ] コラム ] 教師登録 ] 厳選リンク ]
このWebサイトに関するご質問やご感想などについては、下記まで電子メールでお送りください。

家庭教師募集中 Copyright(C)2012 受験・入試対策のウェルズAll Rights Reserved
最終更新日 :2017/08/17